2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています





やおきんの、「餅チョコ」31円ナリ。

餅の表面にはチョコがコーティングされ、中にはアーモンドチョコが入っているという、三重構造になっている。



食べてみた。

柔らかな餅の、中と表面にチョコ。
餅の食感とチョコの甘みがマッチして、パクパク何個でもイケそう。

これはイケる。

でも、31円という価格が高いのか安いのか、ビミョーなところ。




共親の、「さくらんぼ」31円ナリ。
12粒の餅と、爪楊枝が一本。爪楊枝で一粒一粒刺して食べるのがなんとも楽しい。



食べてみた。

一粒食べると、幼い頃食べた懐かしい味が蘇ってきます。
弾力のある食感と甘くて独特の味は、昔食べた肝油ドロップにソックリ。




扇雀飴本舗の、「3つのうめラムネ」(ダイソーで3個105円)ナリ。

しょっぱうめ、すっぱうめ、あまずっぱうめの3種のうめラムネが入っている。



食べてみた。

これはイケる。周りの評判もヨシ。
3種のラムネがそれぞれ味の特徴があって食べて楽しい。

しょっぱうめ、、、これが一番梅らしいかな。
すっぱうめ、、、酢の香り。
あまずっぱうめ、、、甘くてスィート。

梅好きな方にはオススメ。
なにしろ3つの味が楽しめるのでお得感あります。




リボンの、「駄菓子屋さんのあめ玉 すもも」10円ナリ。

シンプルだなぁ〜。しかも10円。
昔はこんなあめ玉多かったなぁ。
しかも剥き出しで売られてたっけ。



食べてみた。

まん丸のあめ玉、味もシンプルです。
甘くてほのかにすももらしき香り。

素朴でなかなかいい感じナリ。




明治製菓の、「カルミン」60円ナリ。

大正十年発売、明治製菓初の清涼菓子ナリ。
骨カルシウム入り。



食べてみた。

今から90年近く古くから親しまれてきた味。

うっすらとミント味、カリカリ食感が良いです。


JUGEMテーマ:食べてみた。



すぐるの、「ビッグカツ」31円ナリ。

前回の、菓道のビッグカツよりやや小ぶりかな。
スペシャルソース味とあります。



食べてみた。

食欲をそそるちょっと甘めのカレー風味。

何枚でもいけそう。



フルタ製菓の、「NEWどでかばー」45円ナリ。

「日本一ながーいチョコ」より長い約25センチ。
しかも厚みもあり。
「NEW」とあるけど、かなり以前から見かけます。



食べてみた。

パフの表面にまぶされたチョコ、甘さ控えめ。
表面のピーナッツはかなり細かく砕かれている。

45円でこのボリューム、大きさは、お得感あります。

JUGEMテーマ:食べてみた。



リスカの、「日本一ながーいチョコ」32円ナリ。

チョコの長さ約24センチ。




食べてみた。

リング状のふ菓子にまぶされたチョコは、ちょっと薄味ながらクリーミーでオイシイー。
ピーナッツのツブツブが、いいアクセントになってます。

JUGEMテーマ:食べてみた。



すぐるの、「超スッパたらっ子」20円ナリ。

いかのイラストが描かれて、のしいか風味とあります。
(でも原材料はたらです)


食べてみた。

けっこう酸っぱい。
甘みもあり、なかなかいい味出てます。
酢のせいか、とても柔らか。
食感は、のしいか風になりきってます。

JUGEMテーマ:食べてみた。


タカミ製菓の、「にんじん」30円ナリ。
袋の中には、ぽん菓子が詰まっている。

昔ながらの、セロファンをクルクルっと円錐形に巻いて、ぽん菓子を詰めることを、にんじんと呼ぶそうな。



食べてみた。

ほんのり甘くてサクサクの食感、
懐かしい味。

お年寄りから子供まで、誰からも愛される駄菓子のひとつかも。